一生に一度の体験

現代では長期の休みに海外旅行へ出かけるといった家族は珍しくないのではないでしょうか。日常では体験できないことを多く体験したいと考える旅行者がほとんどと思います。

そこで、オススメしたいのが、時にダイナミックに猛々しく、時に静かな魅力溢れる場所!アフリカの大自然です。

都市では感じられない自然の残酷さも、生命の誕生した古くから続く伝統であると言えるでしょう。そんな大自然と共に生きる人々の笑顔は、厳しくも美しいと言えるでしょう。

植民地時代を乗り越え、人種差別を乗り越えてきた人々は皆たくましく、今では忘れつつある自然の摂理や感動、驚きと発見を私たちに与えてくれると言えるでしょう。

そんなアフリカへの憧れは「一生に一度は行ってみたい」という人も多いのではないでしょうか。壮大な風景を実際に目の前にした時、その驚異的な姿に言葉を失ってしまうといった旅行者も少なくないでしょう。

現代ではアフリカでしか感じることのできないスケールの大自然と、そこでたくましく生きている野生動物の生命力あふれる姿には、誰もが驚きと感動を隠せないと言えるでしょう。

ビクトリアの滝などは、滝壺に近寄るごとに地響きのような轟音が響迫ってくる感覚も必見でしょう。素晴らしい緑に囲まれた大地を抜けた時、目の前に広がる世界は、きっと心身を研ぎ澄ましていくでしょう。

少し前までは危険と言うイメージだけが先行してしまっていたようですが、人の手がついていない大自然があまり残っていない世界中、原体験をするには多少の自然の厳しさは避けては通れないのが事実でしょう。

平和で安心安全な都市に生まれ育った現代人にこそ体感していただきたい大地がアフリカと言えるでしょう。

ビッグファイブとは

アフリカの旅行案内やサファリの案内などでよく耳にする「ビッグファイブ」ってなんだか知っていますか?

そういう名前の動物と思っている人も少なく無いようですが、これはサファリで人気のある5種の動物のことを指す言葉と言えるでしょう。

特に人気のある「象」「サイ」「ライオン」「バッファロー」「ヒョウ」がその5種とされており、その共通項として「大型」「遭遇率の低さ」「危険度」と言った点が挙げられるでしょう。南アフリカではこの「ビッグファイブ」が紙幣デザインとして用いられるほど愛されているようです。

それぞれの特徴として「象」の群れは年長のメスがリーダーとなり構成されており、若いオスたちは成熟するまではオス同士で群れを作って生活していると言われています。

驚くことに象の妊娠期間は22ヶ月にも及び、出産後は姉妹が助け合いながら子育てをすると言われています。オスとメスの簡単な見分け方として、メスよりオスのおでこが丸いと言った特徴が挙げられるようです。

ビッグファイブの中では比較的穏やかなチームに属する「サイ」は、単独もしくは家族といった単位で生活する馴染みある動物と言えるでしょう。

体の色は同じなのに、シロサイなどは草を食べやすいように口が平べったくなっていたり、クロサイは木の葉っぱを食べやすいよう口が尖っていたりという特徴も面白いのではないでしょうか。

動物園でも大人気なのが「キリン」でしょう。長い首の先にある小さな角に毛が生えているかどうかでオスメスを見分けることができるようで、毛が生えている方がメスと言われています。

なかなか日本ではお目にかかれないのが「バッファロー」でしょう。とても攻撃的な性格が特徴で、突然突進してくることもあるため狩猟者たちからも恐れられている動物と言われています

。群れで生活するものの縄張りがないため「ここに行けば見れる」と言った保証もないため、出会えたらラッキーな動物と言えるかもしれません。

チョベ川

ビクトリアの滝からも日帰りできるスポットとして有名なのが、ナミビアとボツワナの国境をゆく「チョベ川」でしょう。

人間が勝手に引いた境界線などお構いなしに生きる野生動物たちの憩いの場として、カバ、象、キリンやライオン、そしてさまざまな野鳥などをボートの上から見ることができるスポットとして人気を集めているようです。

チョベ川の流れる「チョべ国立公園」には、およそ6万頭ほどの象が生息していると言われており、ボツワナでも屈指の人気の観光地となっているようです。

もちろん、生息しているのは象だけでなく、バッファローやライオン、シマウマやキリンといった動物園でも人気の集まる動物の野生の姿を目にすることができるでしょう。

公園内は非常に広大であり、エリアによって特色が分かれているようですが、最も旅行者に人気と言われているのは、アクセスしやすい「チョべ・リバー・フロント」でしょう。

このチョベ川は、アフリカで一番美しい川と謳われるほど有名であり、その川沿いではボートに乗って野生動物を見ることができる「ボートサファリ」が人気のようです。

陸地では見ることのできない、水面から顔を出すカバの他、陸に上がってのんびり休んでいるワニの姿、水を求めて集まったたくさんの動物など、いつもと違った表情を観察することができるでしょう。

国立公園内の唯一のサファリロッジも、自然と同化するように客室の配置などにも工夫が凝らされているようです。川に面するところにはウォークウェイなども整備されているなど、宿にいながら動物の川での姿を観察できるのも高ポイントと言えるでしょう。

ボートサファリのボートは電気エネルギーを採用するなど、環境への配慮と取り組みも評価のポイントとしてあげられるのではないでしょうか。

自称アフリカ☆コーディネーターの雄叫びのようなつぶやき。